鍵紛失をした場合は形状の違う鍵と交換する必要がある

鍵紛失時の対応は迅速かつ正確に行なう

鍵を紛失してしまうと、ほとんどの人がパニックになってしまいます。落ち着いて対処すれば、鍵紛失しても慌てることなく問題を解決することが可能です。ここでは、鍵紛失した際の対応方法を紹介しますから、紛失時の参考にしてみてください。

鍵紛失時の対象法

鍵修理業者に解錠を依頼する

鍵紛失をして、合鍵を持っていない場合は鍵修理業者に電話します。鍵修理業者では、鍵の開錠も行なっていますから依頼すれば開けてもらえるのです。修理業者の中には24時間対応している所があるので、そこに電話して対応してもらいましょう。遅い時間帯だと朝まで待たないといけないため、前もって24時間対応している所を探しておく必要があります。鍵開けの料金は5,000円から10,000円に収まりますが、手持ちがない場合のために後払いでも可能かチェックしましょう。また、鍵の種類によっては対応できない場合もあるので気をつけてください。

大家・管理会社へ連絡を

鍵紛失をして鍵修理業者に鍵開けを依頼する際は、必ず大家か管理会社に連絡しないといけません。一軒家なら問題ありませんが、賃貸物件の場合は報告しないと義務違反に当たる可能性が高いです。また、鍵紛失の際に鍵交換を行なう場合も報告が必要です。大家と管理会社の許可がないと、鍵交換を行なえないこともあるため注意してください。勝手に合鍵を作った場合は、退去時に鍵交換のための費用を支払わないといけないこともあります。

警察に紛失届を提出する

鍵紛失をした時は、警察に連絡して紛失届を提出します。届を出していれば、紛失した鍵が見つかることもあるのです。見つかった際に、紛失届を出していないとその人の手元に戻りません。落とした鍵が空き巣に利用されないように、警察にも報告してください。警察署に直接提出する以外に、電話で紛失届を受理してもらう方法もあります。ですが、詳しい話をする必要があるため、できるだけ警察署に出向いて提出するようにしましょう。

今一度身の周りを探してみる

男性

鍵紛失をしたと思っていても、探してみると意外な所にあったというケースも多いです。実際に紛失したと思い探してみた人の体験談を紹介します。このようなケースもあるということを把握して、紛失時にすぐに発見できるようにしましょう。

コートのポケットに入っていました!(30代/男性)

カバンに鍵を入れているのですが、カバンを探しても鍵が見つからなかった。探しても見つからないため、鍵紛失をしたと思い慌てました。他の箇所を探してみると、コートのポケットに入っていたのです。朝急いでいたので、鍵を閉めた時にコートに入れたのを忘れていました。

違う形状の鍵に交換する~交換の必要性とは?~

鍵紛失をした人は、安全のために違う形状の鍵と交換する必要があります。落とした鍵を利用して、家の中に侵入される可能性があるため危険です。合鍵を作製するだけでは意味がありません。違う形状の鍵と交換しておけば、紛失をした鍵を利用した犯行を予防できます。同じ鍵が複数あれば、その分家は危険ということです。鍵修理業者を呼ぶ際は、鍵開けだけでなく違う形状の鍵と交換しておくようにしましょう。

TOPボタン